2018年11月28日水曜日

舌のお話

こんにちは!
九段下にあります加部歯科医院の伊藤です😁

今回は味を感じる舌についてお話ししたいと思います。

舌の上には味蕾という味覚を感じ取る器官が多数存在します。
大きさは数十μmととても小さなものですが、味を脳に伝えるとても大切な役割を担っています。

ちなみにこの味蕾は、舌だけでなく、口蓋や喉の奥にも存在するため色々な場所で味を認識しているんですね。

一昔前までは、舌の場所によって感じる感覚が異なると言われていました。
例えば舌先では甘味、下奥では苦味といった感じです。
しかし今では、一つの味蕾で甘味、塩味、苦味、酸味の4つ全てを感じ取ることができるとされています。

何気なく毎日使っているお口ですが、いろんな機能を兼ね備えていてすごいですね!

ではまた来週お会いしましょう✨